CHECK

建築士が検査するインスペクション住宅とは?気になる情報をご紹介します

このサイトは、建築士が検査を行うする建物状況調査(インスペクション)とは何を意味するものなのか分かりやすく解説しています。
既存住宅状況調査技術者が中古物件の状況を目視および非破壊による検査で確認を行って、家の安心を得たい人向けのサービスでもあり建物の状態を報告で良質な中古物件の供給促進を目的にしている制度です。
ここでは、調査箇所が限定されることや耐震性の種類についても確認するなど幅広く触れているので参考にされることをおすすめします。

建築士が検査するインスペクション住宅とは?気になる情報をご紹介します

宅建業法の中でのインスペクションは、既存住宅状況調査技術者が既存住宅状況調査方法基準に基づき行う調査であると定義が行われていますが、この技術者とは国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士を指します。
そのため、建築士の資格を持っているだけではインスペクションを実施することはできません。
資格を有している同時に、講習を修了していることが求められるわけです。
なお、インスペクションは義務付けが行われたものではありませんが、インスペクション済み物件の形で販売が行われることも増えています。

既存住宅のインスペクションができる建築士とは?

既存住宅は、現段階で既に住んでいる建物のことです。
この住宅のインスペクションをするためには、国土交通省によって定められた一定の基準にかなっている必要があります。
この調査は原則非破壊の状態で行われる必要がありますし、メインとしてインスペクション調査する部分は既に建てられている住宅の構造や耐力の上で主要とされる部分になります。
それぞれの箇所が劣化していないかを調査していくわけですね。
既に建てられている建物のインスペクションを行えるのは、既存住宅状況調査の技術者講習団体の講習を受けた上で修了考査に合格をしている人に限られます。
それは一級建築士、二級建築士、さらに木造建築士だけです。
ですから、中古物件などでインスペクションを依頼したい場合には、調査する人にきちんとした上記の資格があるかを確認する必要があります。
しっかりと資格を有した専門家に調査してもらえるのは、検査を受ける側からしても有り難いですよね。

住宅インスペクションの目的は安心して生活するため

近年注目を集めている住宅インスペクションですが、その目的はやはり安心して生活するためではないでしょうか。
確かに住宅の欠陥や劣化具合を調査して評価するものなので、中古で販売する時の価格設定の指標になるのは間違いないです。
しかし中古を購入したり新築に入居する際に行われるインスペクションは、売却よりも自分や家族が暮らす安心感の目的が重視されます。
欠陥がないことが分かれば自信を持って入居できますし、劣化も常識の範囲内なら問題なく中古の購入が検討できます。
インスペクションをしないという選択肢もありますが、入居してから欠陥や劣化が見つかり、リフォーム費用の増加が発生すれば目も当てられないので、保険の意味でも調査を検討するべきです。
インスペクションの相場は5万円前後といったところですが、普段目にしない床下や天井裏も見てもらえることを思えば安いです。
調査をするのは専門的な資格を持つプロですから、責任を持って良し悪しを判断してもらえるのではないでしょうか。

インスペクション住宅ならメンテナンス計画が立てやすい

これから中古で住宅を購入しようかと考えている人は、実際に購入したあとのリノベーションなどを色々と考えていることでしょう。
リノベーションをすれば住まいはさらに住みやすくなりますし、自分の好きなように中身を変えられるという楽しみがあります。
しかし、購入した物件に何かの欠陥があったならどうでしょうか。
もしも家の中で水漏れが起きていたり、家全体が何となく傾いていると後から気付いた場合には困ったことになりますよね。
そうならないためにも、家を購入する前にはインスペクションをしてもらいましょう。
しっかりとインスペクションをしておくことでどのようにメンテナンスする必要があるのか、その費用も具体的に算出することができるからです。
しっかり調査をしておくことで、計画的に人生設計を立てられるのも大きなメリットです。
せっかく購入した家ですから、これ以上悪いところはないと安心して今後のことを考えていきたいですからね。

共同住宅でもインスペクションは実施できる

住宅にはいろいろな種類があり、例えば共同住宅と呼ばれるところがあります。
1つの建物にいろいろな人が住んでいる場合です。
このような物件に関しては、インスペクションを実施することができます。
このインスペクションと言うのは、建物の検査を行うことです。
検査といっても建築中に行うならず、それでは完成された後に行うわけです。
なかなか建築中は業者が入り込むことができないため、どうしても建築物の建築後になってしまうのは仕方がないところかもしれません。
これを行う場合は、一応進の許可を得ることが必要になります。
何故かと言えば、料金を分担する必要があるからです。
ただ、大抵の場合は同意してくれますので、この点に関しては問題ありません。
同意する条件としては、その人に金銭的な負担がない場合です。
金銭的な負担をなしにすれば、わざわざ断る理由などもありません。
それ故、比較的簡単に作業が進むためあまり心配する必要はないです。

インスペクション,住宅に関する情報サイト
インスペクションの情報サイト

このサイトは、建築士が検査を行うする建物状況調査(インスペクション)とは何を意味するものなのか分かりやすく解説しています。既存住宅状況調査技術者が中古物件の状況を目視および非破壊による検査で確認を行って、家の安心を得たい人向けのサービスでもあり建物の状態を報告で良質な中古物件の供給促進を目的にしている制度です。ここでは、調査箇所が限定されることや耐震性の種類についても確認するなど幅広く触れているので参考にされることをおすすめします。

Search